倒壊した温室を復活し、鳥たちに生活適温の環境を取り戻す「南の鳥ふれあいエリア復活プロジェクト」進行中!

新着情報

新着情報一覧はこちら

「南の鳥ふれあいエリア」
復活プロジェクトへの道のり

大雪でつぶれてしまった大温室

2014年2月14日、それは起こりました。
ソチ五輪での羽生選手の金メダル獲得に沸いた夜から翌日にかけての事、富士山麓一帯を襲った大雪害が富士花鳥園にも降りかかりました。
A、B、C棟からなる大温室の、B棟全てとC棟の一部の屋根が積雪で落ちてしまうという大事件、鳥たちは奇跡的に全羽無事でしたが、駆けつけた職員が鳥たちを救出したその直後、屋根が崩れ落ちたのです。

鳥たちの避難生活

無事救出された鳥たちは無事だった温室に移され、花々と共に暮らすことになりました。
しかし、花と鳥では生活適温が異なります。
現在は、より敏感な花に合わせた温度設定をしていますが、それは必ずしも鳥たちが暮らしやすい温度ではありません。
できれば鳥たちが暮らしやすい温度で独立して育ててあげたい、そう思いながらも温室の規模から復旧は容易ではなく、実に4年の月日が経ってしまいました。

花と鳥の競演

しかし、温室の倒壊は悪いことばかりではありませんでした。
今回の事件により、たまたま生まれた【花と鳥の競演】は、来園されるお客様方にも好評をいただき、できることならばこの環境をより一層進化した温室展示をしたい、そう考えるようになりました。
鳥の鳴き声や羽ばたきの音を聞きながら花を観賞するという、常春の空間での競演。
全天候型の施設であるため、天候にも左右されず、小さな子どもを連れたご家族や高齢者、障がい者の方々も来園しやすい環境。
「一刻も早く実現させて、鳥たちにも花々にも来園者の方々にも楽園を感じていただきたい︕」
その想いが大きくなっていったある日、クラウドファンディングという物を知りました。

支援者様を募れば温室復活も夢では無いのでは?
こうしてクラウドファンディングを開始することにしました。

そして、温室復活プロジェクトのはじまりへ・・・

当初は富士山よりも高く思われた目標。
しかし、徐々に支援の輪は広がり、たくさんの応援メッセージと共にたくさんのご支援をいただけることになりました。
期日を1週間も残しての目標達成、さらにネクストゴールまでも達成することができたのです。
実際に支援に名乗りをあげたいただいた方々、そして情報を拡散していただいた方々、その想いには園長をはじめスタッフ一同感謝の念を禁じえませんでした。

温室復活の準備は整いました。これはゴールでは無くスタートなのです。
たくさんの方々の想いを乗せ、「南の鳥ふれあいエリア」の復活プロジェクトが始まりました。

いただいた暖かい応援メッセージの一部をご紹介いたします。

6年前、仕事で悩んでいるときに毎週のように行っていました。
花と鳥の美しさとのどかな雰囲気にかなり救われました。
新しくなった富士花鳥園を楽しみにしています。

富士花鳥園はココアちゃんが受付をされている時からフクロウやエミューとふれあいに、そしてきれいなお花を見に行っていました。
いままでは家内と二人でしたが、息子も生まれたので近い内に家族3人で行きたいと思っています。
これからも頑張ってください。

初めて鳥さんとのふれあいエリアに入ったときの楽しかった気持ちを思い出しました。
応援させてください!

人も鳥も幸せになれる素敵な施設だと思います。
ささやかですが、お力になれたら嬉しいです。

植物や動物が好きで、家でも小鳥達と生活している身として、何かお手伝い出来ることがないかと考え、私に出来る形で応援したく思い、このプロジェクトに参加させていただきたいと思います。
鳥さん達は勿論の事、全ての皆さんが快適に楽しめる素晴らしい施設になる事を祈っております!

北陸~首都圏への道中の楽しみで、今は時間に余裕ができた時に富士花鳥園によく通っています。
初めて訪れた日は自分にとって特別な日であり、大切な日であり、自分の人生が大きく左右されてたかもしれない日であり、今でも当時の事は忘れられません。
プロジェクトの方、全力で応援いたします。
自分なりの、できる限りの支援を致しましたので、復興に向けて頑張ってください。

うちの中学生の娘がよちよち歩きの頃から富士花鳥園さんには何度も遊びに行きました。
お花の手入れをされている係の方から綺麗なベゴニアを落として頂いたり、ふくろうショーのアシスタントに選んで頂いたり、エミュー牧場でエミューと並んで遊んだりと、楽しい思い出がたくさんあります。
お世話になった花鳥園さんになにかお手伝いできることがあればと今回参加させて頂きました。
新しい温室の完成を楽しみにしています。

上記の他にもたくさんの暖かい応援メッセージをいただいております。
皆様本当にありがとうございます!

ー 特別協賛者様 ー

  • 布川 裕樹
  • 川上 順子
  • 君塚 輝男
  • 谷川 道子
  • 鷲山 恭彦
  • 椋野 慎一
  • 日本PCIT研修センター
  • 井堀 雅淳
  • 井上 小巻
  • 松井 啓子
  • 布川 莉奈
  • 布川 ひな
  • 井田 雅寿
  • あかべぇ
  • ユー・リン・チー
  • 手づくり村 鯉艸郷
  • 村松 稔文
  • イトウ縫製
  • 高柳 幸央
  • けりけとり
  • ちょこぼ♀たろう♂ピーちゃん♂
  • 下田 英雄
  • 三田クリニック
  • 中村 博子
  • 川上 由美子
  • 小森 万希子
  • 小森 文夫
  • みーばー
  • ニッセー防災株式会社
  • インコ専門店 ぺありー
  • 飯島 小季恵
  • 河邊 恵海
  • 日本アジサイ協会
  • 大野 良一
  • 加茂 智子
  • 加茂 洋平
  • 本間 継一
  • 加茂 桃子
  • 加茂 沢子
  • 加茂 康二
  • lemotoma
公式ブログ
公式FaceBook
公式Twitter
公式Instagram
ページ上部へ戻る